Novosoft Home Page
トップページへ サイトマップ  
 
 






Get a Quote!







  Žó‘õŽ–‹Æ—á


顧客:ADC Telecommunications


開発内容1: ネットワーク 管理 アプリケーションのGUI プロトタイプ

プロジェクトの目的は、ATM VPN のネットワーク管理機能を証明することでした。これには、VPN カスタマーのための VPN トポロジービューア、SLA コントロール機能、ネットワーク警報管理、障害発見管理などの情報が含まれています。

 UML を用いた ATM VPN 問題分野モデルの構築は JDK1.1 Rational Rose のプラットフォーム上で行われました。ネットワークトポロジーヴューアは ILOG JViews ライブラリ、Swing JViews ライブラリおよび Swing によって開発されました。プロトタイプデータベース構造とオブジェクト指向の持続性JAVAコードの生成にはノボソフト製レイヤー技術が使われました。

 プロジェクトチームには、ノボソフトからソフト開発技術者3名、アメリカ顧客側からアナリスト1名、アメリカ側から技術者2名が参加しました。

開発内容2:CORBA / SNMP ゲートウェーの移植

CORBA JIDM SNMP Java から C++ への移植が行われました。CORBA JIDM 実行のために、サードパーティーからライセンスを受けて、Solaris Sun NEO ORB 用の C++ ソースコードが書かれました。この目的はこの実装を Java Java Borland BisiBroker ORB に書き換えることでした。このプロジェクトでは、NEO VisiBroker CORBA 製品間の本質的な違いのため、コアモジュールの大きな論理的変更も行われました。

プロジェクトチームには、ノボソフトからプロジェクトマネージャー1名、チームリーダー1名およびソフトウエア技術者4名、アメリカ側よりソフトウエア技術者2名が参加しました。


開発内容3:ネットワーク 管理 アプリケーションの
アーキテクチャー プロトタイプ

目的は、VPN 管理アプリケーションのアーキテクチャ手法、アプリケーションデザイン機能を証明することでした。これには、VPNトポロジー発見、SLA 管理、障害発見管理、ランタイムビジネスロジック編集などの機能が含まれています。
ノボソフトの担当は、ネットワークトポロジービューアの開発とアプリケーション全体の統合でした。
いくつかの事務処理部分を開発するために、Vitria Business Agility が使われました。通信ミドルウエアとして、Vitria CORBA イベントサーバーが使われました。分析と文書作成には Rational Rose98 が使われました。
プラットフォーム:サーバ側 Java1.2  クライアント側 Java1.1.5
クライアント側は Swing, Symantec Visual Cafe および ILOG Jviews によって開発されました。

プロジェクトチームには、ノボソフトからのソフト開発技術者2名、アメリカの顧客側よりシステム構築担当者1名、および約10名のアメリカの開発者が参加していました。

プロジェクトは、顧客サイドにて米国フロリダ州オーランド市で実施されました。


<< プロジェクトリストに戻る